スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河鉄道の夜

昨日久しぶりに銀河鉄道の夜
をみました。



テレビでやってたんですが、
昔主人と付き合いだして数年たった頃
「俺の大好きな映画」と
紹介されて・・

ぎょえっ~!!ねこのアニメ???

と(口には出しませんでしたが)
びっくりした映画でした。

当時は、そんなマイナスの先入観があったので・・
寝てしまったんですね~(苦笑)。

主人は星が好きで、彗星が近付いたりすると
星を眺めにいくんですが・・

そんなこともあってか
この映画が好きなんだと思いました。


実は、旅行好きな私が主人と最初に行った場所が
岩手県花巻市でした。

宮沢賢治の故郷です。


柳田邦夫とも縁がある地で、
その地のもつ空気感が
不思議と童話やおとぎ話を生み出すと
行ってみて感じました。

宮沢賢治の本は、
有名なものはさらっと
読んだこともありましたが、

彼自身のことを知ったのは
子供が借りてきた
「マンガ宮沢賢治」の伝記でした。


結構、子供が借りてくる本(マンガ多し・・)
は面白い(笑)!


賢治は熱心な仏教徒の家に生まれますが、
幼いころから自然が大好きで山に登っては
石を集めたりという少年でした。


当時嫌われていた
キリシタンの人と友達になり
その友人の姿に心を動かし、
そして有名な
「雨ニモマケズ」をつくったと
言われています。


大切な妹を当時の不治の病結核にて
失います。
妹の亡きがらをもとめて、
汽車にのり
北海道へと旅立ち、

満天の星(天の川)に
その亡きがらを求めて

「銀河鉄道の夜」

を作ったそうです。



妹は自分の死(当時忌み嫌われていた伝染病)
をもって
賢治の心に激しく悲しみを刻みこんで・・

そして
後世に残る素晴らしい名作を
兄に託したのかもしれません・・。


今回、私はテレビで
以前若かりしときの恋人(今の主人)
に勧められた「銀河鉄道の夜」を観て、
激しく感動したんです!



何故なら、この映画にはものすごく沢山の
キラキラしたものがちりばめられていることが
わかったからです。


カンパネルラが

「お母様は僕を許してくださるだろうか・・
でも、きっと本当に良い事をしたのだから・・
許してくださるに違いない・・」

友達を助けようとして
代わりに溺死したカンパネルラは
母の愛をしっているからこそ・・
自分が母よりはじめに
死んだ事を・・
複雑な気持ちで伝えています。


自分の身体を神の道具として
おつかいください・・・
という無私の状態・・

そして・・奪う事の虚しさ・・・・

与える事の意義・・

命さえ与える事ができる人が
確かに存在しているということ・・・


沢山のことを暗示している
映画だとわかりました。



東日本大震災で、自分の命を
結果的になげうって
そして 誰かを助けようとした人・・

カンパネルラと同じで、
霊魂は、今神様のもとで安らかにいることを
この映画は改めて私に気付かせてくれたような・・


そんな気がしました。


スポンサーサイト
Comment
ぜひ見てみたいです
「銀河鉄道の夜」
のアニメをツタヤで見かけるたびに、私も
「ぎょえ~っネコのアニメ?!」
て思ってました(笑)
まだ私が子供の頃、宮沢賢治をちょっと読んだことがあったけど、難しいな~?ていうのが小学生の私の感想で、あの時は1%も理解できてなかったです。
でも、今読んだら、年を取っただけ感想が違うに違いないと思いました。

銀河鉄道の夜は、崇高な物語だということが、さきひおままちゃんのおかげで分かりました。
与える愛とかね、本当にキラキラしてますね!!
自己を犠牲にしても助けよう、そしてそれを実行できる意思の尊さとかね、すごく素晴らしいお話なんですね。
絶対見ます。
教えてくれてありがとう!

ところで、柳田邦夫は「遠野物語」を岩手県で書いたんでしたっけ?岩手県は柳田邦夫や宮沢賢治とご縁のある素敵な場所なんですね♪♪
みんみんちゃん
そう、ねこのアニメにしては崇高な物語
でした。小さいころは本もとても難しく感じて・・
なんだか率先して手が進まなかったけど
今は本当に深い!って思えるんです。

そう思うと、パパは私よりかなり前?を
いっている・・?(笑)

寝るなんて信じられない・・と
当時言われました(笑)

みんみんちゃん、是非みてくださいね!
きっとこれって天国にのぼる階段の
階層・・のこと?とか思えるところ
ありますから・・!でも、そこにも
その人にむなしさ・・を気づかせるための
愛があるんですよ~。

向井理さんの映画みてくるね!友達が
来週忙しく再来週になってしまいましたが・・
絶対ハンカチ持参で出陣します!!

ところで・・・岩手に遊びに行ったときに
遠野物語の河童の伝説の
場所とか・・残ってました。

ほんとに河童が皿を洗って
そうなところでした(笑)


岩手の復興の中であの空気感もともに
戻ってくるには、地元の地元を愛し
続ける気持ちと私たちの支援が
必要なんだろうな・・

カンパネルラみたいな人が沢山
いる土地だからこそ、きっと空気感も
変わらず復興できますよね!

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
プロフィール

さきひおまま

Author:さきひおまま
~共同ブログ(りすさんチーム)~
さきひおまま・サリィ・
ミント・ルレクチェ・わこみ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。