スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒバクシャからの手紙

ヒバクシャカラの手紙を夜遅くまで
みていました。

毎年、この時期になると
忘れてはいけない事実を
きちんと心に刻むために
私はNHKの夜の放送をみます。

そして、戦争を体験していないものとして
体験した人の言葉を想像しようと努力します。

13歳で被爆した方がお母さんへの手紙
を書いていました。

弟から、兄貴はお母さんの顔を覚えているだろう・・
ぼくなんか、顔すら思い出せないよ・・
と言われたようです・・。

また、66年たって、
原爆という事実が跡形もなく
忘れ去られていくのではないか・・
それが怖い・・と書かれていました。

戦争とは、朝一緒にご飯を食べたものが
夜一緒にご飯を食べることができるという
保障がないことだ・・・・

だから、僕はお母さんを忘れてはいけない・・。
お母さんの分まで長く生きていきます・・。


そう訴えていました。

番組にでていた姜尚中さんが

人への愛があれば、こんなことはおきない・・
とコメントしていました。

人への愛の基本は、まずは一番近い
自分を愛することだと思います。

自分はかけがえのない存在で
一見不幸と思われるような・・
理不尽な出来ごとに遭ったとしても、

「自分の根幹は誰からも何からも傷つけられない」
と知ることだと私は思っています。

自分が誰からも何から傷つけられないと
深く感じたのならば、
自分が自分を傷つけること・・
もしないと思います。

そして、自分を愛したのならば・・
次は自分の一番近い家族を深く愛す事が
出来ると思います。

そして、家族を深く愛することができたら、
その愛は必ず自分の周りや、大切な子供達にも
受け継がれていくと思います。

戦争は、複合的な要素と時代背景が重なって
起こった・・と別番組で渡辺謙さんが言っていました。
私もそうだと思います。


ヒットラーのような、悪の代名詞といわれるような人でさえ、
一人では何もできなかっただろうし・・、
それに賛同する人がいてあれほどの
悲しみの歴史を作ったのであるとしたら、
責任は彼一人にあるのではなかったはずだし・・・・

一人一人が大切な事、
自分を愛すること、
そして、自分の周りを愛する事、
この基本があったならば、
起こり得なかったことだと思いました。

私たち一人一人はかけがえのない存在で
生きていることも奇跡の連続で
出会うことも奇跡だと思います。

過去の歴史に深い傷を持っていて・・
それを語り継ぐ人の思いが
どれだけ深いかを感じながら、
テレビを見ました。
高齢になったからこそ、
ペンをとらなければ・・と
最近になってやっと気持ちを
吐露出来た方もいます。

それほどまでに、辛い経験だと
いうことです・・。

命を傷つけあうような
戦争など絶対にしてはいけないと
思いました。


まずは、自分を愛し、
自分の周りや出会った人を
愛すことができたならば


いいな・・と思いました。

スポンサーサイト
Comment
「ヒバクシャからの手紙」
見てなかったので、検索してみたら、原爆を体験した人たちから、当時の事をお手紙で寄せられたのを朗読する番組だったのですね~
その当時の事を忘れないために、必ずその番組を見るさきひおままちゃん・・・
素晴らしいですね!
8月は色々な事を思う月です。
「戦場のなでしこ隊」という番組の再放送を見て、涙が止まりませんでした。特攻隊をお見送りする少女達の、実話ベースにしたドラマです。

小学6年生の夏、「ガラスのうさぎ」を読んで胸が詰まったのを覚えてます。
でも、内容は殆ど詳しいことを忘れてしまったので、また読んでみたいのと、カンちゃんに読ませたいので、注文入れたところ・・・

人への愛の基本は、まず自分を愛すること、そしてそれを家族、周りの人へ広げていくこと・・・
その通りだなぁと感動しながら読みました。
人は誰もがかけがえのない存在だものね~・・・。
私達は進歩しているのだろうかと考えると、やっぱり少しずつ進歩しているのだろうと思います!
二度と戦争を繰り返さない世の中に、きっとなるだろうと思います。
みんみんちゃん
これをみながら、主人と私たちの
孫の時代になると、戦争という
出来事は昔話のようになるのだろうね・・
と話しました。

でも、みんみんちゃんの言うとおり、
私も人は少しずつ進歩していると
思っています。

物質面でなく、精神面でね。
だから、戦争という愚かなことを
繰り返さないと思います。

戦場のひめゆり隊は・・
みませんでした・・(涙)みたかったです。


「がらすのうさぎ」黄色い表紙?
のでしたよね・・。私も読んだこと
あったと思いますが・・
大昔だったので忘れちゃいました。(笑)

さきが少し大きくなったら買ってみよう
と思います。

「蛍の墓」とか・「ひめゆりの塔」とか・・

いっぱい読んでもらいたい本
ありますね。

いつもありがとう☆
みんみんちゃん
戦場のひめゆり隊でなく
なでしこ隊でしたね(汗)

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
プロフィール

さきひおまま

Author:さきひおまま
~共同ブログ(りすさんチーム)~
さきひおまま・サリィ・
ミント・ルレクチェ・わこみ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。