Archive | 2011年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みも終わりました

知床五湖を散策するときに、
トレッキング中ヒグマがでるかも
しれないから・・
ということで講習をうけました。

IMG_2003_1_1_1_1.jpg


熊がもし目の前に現れたら・・
熊を恐れることなく目を見つめて
後ずさりしてください・・
とのことでした。

もちろん、熊にあわないように・・することが
一番ですが・・と言ってました。


幸い、鹿には会いましたが
ヒグマには会いませんでした。

IMG_2015_1_1.jpg


今読んでいる本のなかで、
この言葉を思い出す言葉がありました。
山中で熊に会った時を困難に例えていました。

どんな困難もそれを迎える者には、
困難は困難でなくなる・・。


もし、熊を恐れて・・目をそらせば、
熊は直ちに飛びかかってきて
貴方を一撃してしまう・・。

困難はこちらが恐れずに立ち向かえば
羊のようにおとなしくなるが、
こちらが恐れれば熊のように
飛びかかってくる・・。


そうかもしれません・・。


困難なとき、
うけいれ
もがかないで
見つめる


むつかしいけど・・
大切ですね。


ところで・・29日学校が
はじまりましたが・・

さきは、宿題というちっちゃい困難?
から目をそむけていたので・・(苦笑)

28日は否応なしに
困難を受け入れ、みつめなければ
なりませんでした・・・。(涙)


よく遊んでいるマンションの友達も
この日は誘いにこなかった・・・。
彼女もきっと・・・みつめて
いることでしょう・・(笑)



自由課題なので何でも良いのですが、

北海道のアイヌや北方領土・・
知床世界遺産など、
旅行で知ったことをまとめました!


ガイドブックとか、
いろんな資料をまとめました。

IMG_2093_3_1_1_1.jpg



地図と写真は手伝いました。
他も色々・・(苦笑)
まぁ・・頑張りました。

ところで・・私事ですが・・
北海道でどうしても欲しかった
フクロウの置物をゲットしました。

フクロウは智慧の鳥・・ということで・・
お守りとか色々
言われているみたいです。

あかねがダウンしたので・・
木彫りのお店に行けなかったので・・
帰ってからネットで注文しました。

北海道の職人さんが一つ一つ心をこめて
作っているようです。

パパにフクロウのお守りの置物をかったから・・と
いつものことなんですが、
事後報告したら・・(笑)

パパは、牙をむきだしで・・
ねずみかなんかを食べそうな置物を
想像したらしく・・??

この置物をみて
なんだか一人でうけていました。


それが・・こちらです。

IMG_2092_2_1_1_1.jpg



北の家族っていう名前が付いているん
ですが・・


IMG_2095_4_1_1_1.jpg


これにも・・
パパは
「なんだか飲み屋さんみたいだねぇ・・」
とか、余計な・・ことをいっていました。(笑)


我が家は・・五人家族だから・・
見つけた途端に・・
一目惚れしてしまいました。

一番上で威張っている?のが
あかね?だと、

4対1(あかね本人)・・

過半数を軽く超え・・
決まりました・・(笑)

まぁ・・
こんなふうに寄り添って
家族仲良くいたいです!

北海道からはるばる・・
我が家へ

いらっしゃぁ~い!



最後に・・

----虫嫌いな方は
このさきは見ないようにお願いします-----


先日、蝉の脱皮を目撃した写真はこちら・・。



IMG_2076_1_1_1_1.jpg


実はこの一時間ほど前に
見つけたんですが・・


そのときは、もっと青かったんです!
だんだんとこんなふうに
エメラルドグリーンになって・・


それが・・やがて・・茶色になるんですね。


小さな命の経過の一瞬を
垣間見せてもらいました・・。
神秘的でした。


スポンサーサイト

北海道旅行記

長い旅行記です・・お付き合いいただけます方・・
ありがとうございます。

IMG_1805_1_1.jpg

8月12日 函館入りです。夜景を見に行き
次の日の朝は函館朝市を楽しみました。
その後、五稜郭を見学し、
定山渓の旅館へ向かいました。
蝦夷富士の羊蹄山とか、洞爺湖とか
車窓や休憩所でみました。綺麗でした。


IMG_1896_6_1.jpg

8月13日 クラーク博士の銅像を見学。
雨のため・・さっと見ました。
羊が草を食んでてひまわりがとってもきれいでした。

IMG_1918_7_1.jpg

札幌の時計台をみてから・・
北海道道庁を見学しました。
お花がとってもきれいでした。
北方領土のこととか・・
北海道の開拓のこととか
勉強になりました。


8月14日に富良野に入るのですが、
激しい雷雨のため一歩も外にでる
ことができませんでした。
 
8月15日はラフティングに挑戦。
前日の雷雨のため、
川はカフェオレ(笑)状態で
水量も多かったのですが・・・
さきひおは楽しんでいました。

しかし・・・川下りの最中に
またもや雨・・・・。(涙)
その日の夜からあかねが、
39度の熱をだしてしまいます・・。

その日は川下りだけでなく
気球にのったり、
夜の星をみるツアーの2つに
申し込みしていたのですが・・
すべてキャンセルでした・・。

ホテルの人が優しくて、
氷枕を用意してくれたのですが・・
あかねの熱は一向にひかず
8月16日朝に富良野の病院に直行しました。

ひとまず、薬を処方してもらい安心・・。

その日は、知床まで移動の予定・・(涙)。
今回の旅行で一番長い移動・・。

あかねの様子を心配しつつ早くホテルへ・・・
途中下車する予定は全てキャンセル・・。
ただでさえ7時間ほどかかる移動・・。
 
私たち夫婦はかなりハードな旅行に
慣れていて・・ 幼い子供連れである・・
ゆったりしたスケジュール・・が必要・・
ということを忘れてしまっていました。
 
あかねに申し訳ない気持ち・・で
ホテルに早くつきたいと思うのでした・・・。

そんな最中・・さきが車に酔って気持ち悪い・・
というので津別で休憩しました。さきが
突然涙目で私のところに来ます・・。

さきの足に大きな蜂がプスリと
刺したようです(涙)・・・。
痛い・・と半泣き・・。

パパが吸って、毒を出したものの・・
またもや病院へ・・。
 
幸い、病院は車で10分のところにあり・・
お盆で休暇中だったのですが・・
急患でみてくださいました。有難かったです・・
 
これぞ、泣きっつらに蜂??(苦笑)

 
IMG_1958_9_1.jpg 

気をっとりなおして、
車で知床のホテルに向かう途中
鹿がでむかえて・・?くれました。
うじょうじょ・・
でてくるんです・・。(笑)

3時くらいに予定では着くはずだったのに・・
アクシデントがあったので・・夕方遅くに
着いたからか・・夜行性の鹿が沢山・・。

行くまでに20頭は見ました。
あかねもその頃には、少しよくなった・・?かに
思われました・・・


IMG_1966_10_1.jpg

食事と温泉はパパと交代で・・。
                   
IMG_2004_11_1.jpg

8月17日知床五湖をさっとみました。
解熱剤のおかげか・・あかねの熱は下がったように
思われました。これで良くなるね・・と
ひとまず安心。
 
知床はとても綺麗でした。あかねの
体調のこともあるので、パパと交代です。

道民が自然を大切にしているからこそ、手付かづの
大自然が残っているんだなぁ・・と車窓をみても
感激しました。


函館入りの日以外は実はずっと雨でしたが・・
知床は晴れてくれました。           

IMG_2024_13_1.jpg 


神の子池は摩周湖に行く途中にある
パワースポットです。

森林にはいるとピンと張りつめた空気が
神社や教会の空気と似ていて・・

また池の澄んだ青色と、池の中の木が腐らない・・
ことも神秘的でした。駐車場から2分くらいで
池が見えるので、パパがあかねを
だっこしてくれました。

IMG_2035_14_1.jpg  

そして、摩周湖へ。あかねの熱がまた少し
上がったように思われました。

大学生のときに北海道一周したのですが・・
そのときの摩周湖の百倍きれいでした。

あのときは霧で・・見えなかった・・。
霧の摩周湖・・。ですから・・
全景が見えてラッキー!


チェックインの時間がもうすぐなので・・
摩周湖から阿寒湖のホテルへ直行です。
あかねを布団へ・・。なんか・・やっぱり
あついなぁ・・・。
                     
体温計をかりることに・・・

このあと、何度か計ってみますが・・
39度台・・。お薬も効いていない・・・。
心配・・。
富良野から3日間ご飯らしいご飯も食べない・・。


さきひおは二人でお風呂にいってもらい・・
ごはんはパパと交代で・・。
                 
夜になって・・体温計を・・。

えっ・・・・

何度計っても、40度を超えてしまう・・。
もうすぐ41度・・。

あかねの意識がもうろう。目が白黒・・


フロントに電話して、
急患の病院を教えてください・・
と・・。
フロントの方が調べてくださって、

阿寒湖周辺には小児病院で
急患を受け入れてくれるところはない・・
       
1時間半かかって釧路まで行かないといけない
とのこと・・。

ホテルの人に相談し、救急車を呼ぶ事にしました。

救急車での1時間半・・・長かった・です(涙)
救急救命士の方の傍で、私はあかねの
足を握りしめていました・・。手は
心拍をはかっていました・・。

救命救急士の方は
不安な私を理解してくれて
落ち着いて対処してくださいました。

ごめんね・・・あかね・・・。
ラフティングなんてしなきゃ良かった・・。
もっと、ゆったりとしたスケジュールに
すればよかった・・。
色々と後悔が頭を巡ります。


入院施設はないため、深夜11時をすぎてから
釧路から阿寒湖まで帰ることに・・。パパが
ホテルから迎えに来てくれました。
座薬や吸入などのおかげで、あかねの熱も
38度台に下がりました。

釧路から阿寒湖へ帰る途中、沢山の
キタキツネ、鹿、狸にあいました。
キタキツネはとても小さいんです。
どれも夜は目がキラっと光るので
車中からわかるんです。


夜中のドライブ。
さきひおあかねは後部座席でねていました。
パパと反省会のドライブでした・・。

                             
       

IMG_2044_15_1.jpg  

色々ありましたし・・
雨にも沢山ふられましたが・・
北海道は良いところでした。
マイナスイオンの宝庫であり、
道民が優しかったです。
そして、食べ物がおいしかった!

帰った18日は、また38度の熱をだしたあかねも、
今日は咳を残すだけになりました。


熱をだして、朦朧とするあかねの傍で
どれだけあかねを愛しているか…を
再確認しました。

怪獣みたいなあかねだけど・・
いつまでも元気ですくすく育って欲しい。

さきひおも、パパも
元気でいつまでも仲良くいたいな・・・・と
思いました。

ヒバクシャからの手紙

ヒバクシャカラの手紙を夜遅くまで
みていました。

毎年、この時期になると
忘れてはいけない事実を
きちんと心に刻むために
私はNHKの夜の放送をみます。

そして、戦争を体験していないものとして
体験した人の言葉を想像しようと努力します。

13歳で被爆した方がお母さんへの手紙
を書いていました。

弟から、兄貴はお母さんの顔を覚えているだろう・・
ぼくなんか、顔すら思い出せないよ・・
と言われたようです・・。

また、66年たって、
原爆という事実が跡形もなく
忘れ去られていくのではないか・・
それが怖い・・と書かれていました。

戦争とは、朝一緒にご飯を食べたものが
夜一緒にご飯を食べることができるという
保障がないことだ・・・・

だから、僕はお母さんを忘れてはいけない・・。
お母さんの分まで長く生きていきます・・。


そう訴えていました。

番組にでていた姜尚中さんが

人への愛があれば、こんなことはおきない・・
とコメントしていました。

人への愛の基本は、まずは一番近い
自分を愛することだと思います。

自分はかけがえのない存在で
一見不幸と思われるような・・
理不尽な出来ごとに遭ったとしても、

「自分の根幹は誰からも何からも傷つけられない」
と知ることだと私は思っています。

自分が誰からも何から傷つけられないと
深く感じたのならば、
自分が自分を傷つけること・・
もしないと思います。

そして、自分を愛したのならば・・
次は自分の一番近い家族を深く愛す事が
出来ると思います。

そして、家族を深く愛することができたら、
その愛は必ず自分の周りや、大切な子供達にも
受け継がれていくと思います。

戦争は、複合的な要素と時代背景が重なって
起こった・・と別番組で渡辺謙さんが言っていました。
私もそうだと思います。


ヒットラーのような、悪の代名詞といわれるような人でさえ、
一人では何もできなかっただろうし・・、
それに賛同する人がいてあれほどの
悲しみの歴史を作ったのであるとしたら、
責任は彼一人にあるのではなかったはずだし・・・・

一人一人が大切な事、
自分を愛すること、
そして、自分の周りを愛する事、
この基本があったならば、
起こり得なかったことだと思いました。

私たち一人一人はかけがえのない存在で
生きていることも奇跡の連続で
出会うことも奇跡だと思います。

過去の歴史に深い傷を持っていて・・
それを語り継ぐ人の思いが
どれだけ深いかを感じながら、
テレビを見ました。
高齢になったからこそ、
ペンをとらなければ・・と
最近になってやっと気持ちを
吐露出来た方もいます。

それほどまでに、辛い経験だと
いうことです・・。

命を傷つけあうような
戦争など絶対にしてはいけないと
思いました。


まずは、自分を愛し、
自分の周りや出会った人を
愛すことができたならば


いいな・・と思いました。

神業 

夜の星を見上げた




すごく光っている星
ほんのりと光っている星
チラチラ瞬くように光っている星




大宇宙の中で
そこに存在する奇跡




大宇宙の中で
個々に存在しながら
主張せず
天体という一つの調和を作り上げている



見上げると感動する




落ちてきそうなほどの星が
地上から見える場所



それは、自然が大切にされている場所



自然と空と星
絶妙なバランス
これぞ神業





大宇宙から見たら
地球の私たちも
光って見えているのかな



すごく光っている人
ほんのりと光っている人
チラチラと瞬くように光っている人



地球上に存在する奇跡




大宇宙から見下ろすと
感動するのかな



空気を汚さないで
自然を壊さないで
心を浄化して


自分を大切にして
自分以外も大切にできると



地球はもっともっと
光輝くだろうな・・・



地球上で
個々に存在しながら
互いに傷つけあわず
大きく調和できればいいな


自然と人
人と人


絶妙なバランス
これも神業
カレンダー
プロフィール

さきひおまま

Author:さきひおまま
~共同ブログ(りすさんチーム)~
さきひおまま・サリィ・
ミント・ルレクチェ・わこみ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。